世界の宇宙開発チャレンジ映像

スカイラブ Part2

1973年5月14日のスカイラブ1号の打ち上げから、1974年2月8日のスカイラブ4号の帰還までの記録映像のPart2です。

 

 

「スカイラブ計画」について

 

本来、軌道作業モジュールの左右から太陽電池パネルを展開する予定であったが、打ち上げ時に予想外の空気抵抗が発生したことにより、片側の太陽電池パネルと隕石防護パネル、熱遮蔽シールドが脱落するトラブルが発生。そのためにスカイラブ2号到着時点でモジュール内の生存環境は十分整っておらず(到着時点での機内温度は50度以上)、船外活動による機体補修後に運用を開始している。軌道作業モジュールの四角い熱遮蔽シートは、補修の際に取り付けられたもので、補修はその後のミッションでも行われている。

 

出典:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」

スカイラブ Part2関連ページ

スカイラブ Part1
スカイラブ計画 : Project Skylab(1973年)アポロ計画に用いられたサターンV型ロケットとサターンIB型ロケットを利用した宇宙ステーション計画、スカイラブ1号から4号までが打ち上げられた。
宇宙ステーション
スカイラブ計画 : Project Skylab(1973年)アポロ計画に用いられたサターンV型ロケットとサターンIB型ロケットを利用した宇宙ステーション計画、スカイラブ1号から4号までが打ち上げられた。
スカイラブ2号 打ち上げ
スカイラブ計画 : Project Skylab(1973年)アポロ計画に用いられたサターンV型ロケットとサターンIB型ロケットを利用した宇宙ステーション計画、スカイラブ1号から4号までが打ち上げられた。