世界の宇宙開発チャレンジ映像

アポロ11号 打ち上げ

1969年7月16日、ニール・アームストロング、マイケル・コリンズ、エドウィン・オルドリン搭乗の、サターン5型ロケットのアポロ11号の発射シーンです。

 

 

「アポロ11号」について

 

1969年7月20日、アポロ11号が月の「静かの海」に着陸した。月への第一歩を刻んだ、アポロ11号のニール・アームストロング船長の言葉 "That's one small step for a man, one giant leap for mankind."(これは一人の人間には小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍だ。)は、あまりにも有名である。記念すべき第一歩を記したのは左足である。

 

出典:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」

アポロ11号 打ち上げ関連ページ

アポロ11号 フライト
アポロ計画 : Apollo(1967年-1972年)月面探査を目的としたアメリカ合衆国の有人宇宙飛行プロジェクト、宇宙開発でソビエト連邦に出遅れていたアメリカ合衆国が、マーキュリー計画、ジェミニ計画に次いで、国家の威信をかけて取り組んだ。
アポロ11号 月着陸
アポロ計画 : Apollo(1967年-1972年)月面探査を目的としたアメリカ合衆国の有人宇宙飛行プロジェクト、宇宙開発でソビエト連邦に出遅れていたアメリカ合衆国が、マーキュリー計画、ジェミニ計画に次いで、国家の威信をかけて取り組んだ。
アポロ計画ダイジェスト版
アポロ計画 : Apollo(1967年-1972年)月面探査を目的としたアメリカ合衆国の有人宇宙飛行プロジェクト、宇宙開発でソビエト連邦に出遅れていたアメリカ合衆国が、マーキュリー計画、ジェミニ計画に次いで、国家の威信をかけて取り組んだ。
アポロ計画スライドショー
アポロ計画 : Apollo(1967年-1972年)月面探査を目的としたアメリカ合衆国の有人宇宙飛行プロジェクト、宇宙開発でソビエト連邦に出遅れていたアメリカ合衆国が、マーキュリー計画、ジェミニ計画に次いで、国家の威信をかけて取り組んだ。
サターンVロケットF1エンジン
アポロ計画 : Apollo(1967年-1972年)月面探査を目的としたアメリカ合衆国の有人宇宙飛行プロジェクト、宇宙開発でソビエト連邦に出遅れていたアメリカ合衆国が、マーキュリー計画、ジェミニ計画に次いで、国家の威信をかけて取り組んだ。