世界の宇宙開発チャレンジ映像

ブラーン ロシア版スペースシャトル

ロシアのブラーン計画のプレゼンテーション映像ですが、実際の開発映像を含めて、軍事目的での用途についても詳細に説明しています。

 

 

 

「ブラーン」について

 

「ロシア版スペースシャトル」と言われるブラーンだが、初飛行はアメリカのスペースシャトルより遅れたが、ソ連は以前から米スペースシャトルのような形をした、有翼往還宇宙船の構想を持っており、構想の宇宙船模型と、飛行士第一期生ガガーリンらが一緒に写っている写真があり、初飛行の40年近く前から考えられていた宇宙船であるといえる。模型の形は、米スペースシャトル、ブラーンの両方に大変良く似ている。ブラーン初飛行時に、「アメリカのもののコピーだ」という批判に対する「理想的な形を追い求めた結果である」「どこの国が設計しても同じようにしかならない」という反論は真実かもしれない。

 

出典:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」

ブラーン ロシア版スペースシャトル関連ページ

ブラーン 打ち上げ
ブラーン : ブラーンは、ソ連のツポレフ設計局が開発した宇宙船(宇宙往還機)。ブラーンとは「吹雪」特に「ステップの猛吹雪」を意味する。
ブラーン 打ち上げと帰還
ブラーン : ブラーンは、ソ連のツポレフ設計局が開発した宇宙船(宇宙往還機)。ブラーンとは「吹雪」特に「ステップの猛吹雪」を意味する。