世界の宇宙開発チャレンジ映像

ブラーン 打ち上げと帰還

ロシア版スペースシャトル、ブラーン、の打ち上げとなったシーンを別の角度で撮影した映像と地球帰還の映像です。

 

 

「ブラーン」について

 

米スペースシャトルとブラーンは、打ち上げシステムからして全く違うため、形が似通っているからと単純にその性能を比較することは出来ない。米スペースシャトルは、飛行機型宇宙船「オービタ」に直接ロケットエンジンがついており、エンジンの燃料をオービターが腹に抱いている茶色の外部タンクから供給し、燃焼させている。3基あるエンジンではパワー不足なので、2本の固体ロケットブースタを外部タンクの両脇に装備させ、80トン近くあるオービタを地球軌道まで放り上げている。対してブラーンは、離昇時に自力では何もしない。大型ロケット「エネルギア」に軌道まで運んでもらい、その間はただぶら下がっているだけである。オービタにロケットエンジンを装備しなくていいのでオービタの自量が軽くなり、積載量が多くなるほか、身軽なので着陸時の速度を下げることができ、安全である。

 

出典:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」

ブラーン 打ち上げと帰還関連ページ

ブラーン 打ち上げ
ブラーン : ブラーンは、ソ連のツポレフ設計局が開発した宇宙船(宇宙往還機)。ブラーンとは「吹雪」特に「ステップの猛吹雪」を意味する。
ブラーン ロシア版スペースシャトル
ブラーン : ブラーンは、ソ連のツポレフ設計局が開発した宇宙船(宇宙往還機)。ブラーンとは「吹雪」特に「ステップの猛吹雪」を意味する。