世界の宇宙開発チャレンジ映像

ブラーン 打ち上げ

1988年11月15日のブラーン、ロシア版スペースシャトルの、唯一の打ち上げとなったシーンの映像で、無人での打ち上げです。

 

 

「ブラーン」について

 

ブラーンは1988年に無人で地球軌道を周回し、自動着陸を成功させた。予定では1992年に有人飛行を行うはずであったが、1991年のソ連崩壊と共にこの計画は消滅。2号機「ピチカ(小鳥)」(その他、地上テスト機)など、いくつものブラーン型派生モデル開発・製造途中であったが、これらも全て中止となった。実験モデルや試験機の内の一つは、オーストラリアの博物館に引き取られ、保管・展示がされている。

 

出典:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」

ブラーン 打ち上げ関連ページ

ブラーン 打ち上げと帰還
ブラーン : ブラーンは、ソ連のツポレフ設計局が開発した宇宙船(宇宙往還機)。ブラーンとは「吹雪」特に「ステップの猛吹雪」を意味する。
ブラーン ロシア版スペースシャトル
ブラーン : ブラーンは、ソ連のツポレフ設計局が開発した宇宙船(宇宙往還機)。ブラーンとは「吹雪」特に「ステップの猛吹雪」を意味する。