世界の宇宙開発チャレンジ映像

ミール 打ち上げ

ミールの打ち上げシーンで、1986年2月19日、本体モジュールが打ち上げられました。

 

 

「ミール」について

 

基本モジュールはサリュート6・7号とほぼ同じものを使用しているが、片側に球状をしている多方面ドッキングモジュールが付いている。これを利用して1996年までの10年間に複数のモジュールが打ち上げられ、それらが結合することによって構成されている。1990年代にアメリカ合衆国主導の国際宇宙ステーション計画へロシア連邦の参加が決定し、ミールに日米欧のモジュールを増設させる構想があった。1995年の輸送船衝突事故以降、施設の老朽化と陳腐化が関係者の間で問題となり、またロシア側が新たな基本モジュール打ち上げに意欲を示したことから、国際宇宙ステーションに飛行士が滞在するのに合わせて廃棄する事となり、2001年3月23日に大気圏に突入した。予備機が北海道苫小牧市に展示されている。

 

出典:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」

ミール 打ち上げ関連ページ

スペースシャトル アプローチ
ミール : 旧ソビエト連邦によって、1986年2月19日に打ち上げられた宇宙ステーションで、サリュートの後継機。
スペースシャトル ドッキング
ミール : 旧ソビエト連邦によって、1986年2月19日に打ち上げられた宇宙ステーションで、サリュートの後継機。